暴君のイルヴァ旅行記M 進捗報告 2021/05/25

※ 本記事の内容は上の動画と大体同じです。

ブンブンハローツイステ民&ティリス民!

お久しぶりです。

ゆるドラの7周年記念イベントで溜めた2万金貨(ガチャ1回500金貨、天井250回)を全部つぎ込んだけどベリエルちゃん2体とサマエルさんしか出なくて深い悲しみに包まれました。

堕天使フェス-sideAで出た当たりキャラ

ガチャは6/1のメンテナンス開始時(15時)まで回せるので、6月になったら堕天使ユニットパック買ってアザゼルチャレンジしようと思った……

のですが、8月にリドル誕がくるのでそんな余裕がない事に気づいてしまいました。

まあ、覚醒アザゼルは近いうちに何度か復刻来るだろうから、その時に狙います……

さて、前の進捗報告記事を書いてから約1週間が経過したわけですが、決してゆるドラの新規ハイロゥズイベに惚けていたわけではありません。

もちろんゆるドラのイベントも走っていましたが、『動くドット絵立ち絵』の素体と、カスタム種族を作っていました。(尚、ツイステの豆イベは……)

という訳で、今回はそれの報告と紹介です。

『動くドット絵立ち絵』 素体

更新停止のお知らせをした動画でも言いましたが、私は現在使っている立ち絵に満足していません。

それのリメイクをするにあたり、素体があったほうが作りやすいと思ったので、ElonaPlusの縮小PCCをベースに、動くドット絵立ち絵の『素体』を作りました。

旧立ち絵からの変更点は以下の通り。

  • 「眉」「口」パーツの追加
    • それに伴う、「目」パーツの位置変更
  • 「目」パーツに新規素材を追加
  • 「体」パーツの腕をすべて書き直し
  • 「体」パーツに新規素材を追加
  • 「体」パーツにGIFアニメーションで動く素材を追加
  • 「ポプテピピック」パーツの追加

合計539枚というとんでもない数のパーツになってしまいましたが、表情やポーズをより細かく表現できるようになりました。

実際に動く様子は上に貼った動画をご覧ください。

『素体』ということで、48x48(拡大前)の.clip/.psdデータに、480x480(10倍)に拡大したサンプルデータを同梱してあります。

元データのレイヤ名はたまにおかしなことになっていますが、画像保存時に調整してください。

▶ ダウンロードは [ コチラ ]

ちなみに、私の環境ではPhotoshopのレイヤーごとに保存だと異様に時間がかかる、クリスタのアニメーションレイヤを使った一括保存はなぜかうまくいかない……ということで、すべて手作業で保存しました。

ときどきファイル名の入力ミスをしていて、パーツリストを作った時に気づいて修正する…という事が何度もあり、大変でした。

やっぱり、クリスタのアニメーションレイヤーを使うのが賢いやり方なんですかねぇ……。

新規カスタム種族・カスタム職業

立ち絵素体の制作の息抜きとして、カスタム種族・カスタム職業の制作にも着手していました。

現段階で公開している種族・職業は以下の通り。

カスタム種族

エルドリッチ

エルドリッチは魔法を使えない、正体不明の種族です。
何処から来たのか、自分が何者なのか、本人すらも分かっていません。

生命力普通マナ 少し 速度普通
筋力 少し 耐久 少し 器用 少し 感覚 少し
習得 少し 意志 少し 魔力 微々 魅力 少し
耐性 なし
スキル格闘+1
フィートあなたは魔法が使えない (MAX)
[先天] 1s以上の物を装備出来ない (MAX)
[先天] エーテル病の進行が遅い (MAX)
[先天] 罪悪感を感じない (MAX)
部位頭,首,体,背,手*2,指*2,腕,腰,足 (人型)
特殊技能 なし

※ マイナスフィート「無魔法」はomake_overhaul系列・omake_MMAh以外のヴァリアントでは正常に機能しません。
※ 正確な数値やスポイラーは
wikiをご参照ください。


「エルドリッチ」は『暴君のイルヴァ旅行記 M』のプレイヤーキャラクター(監督生)用の種族です。

「エルドリッチ」という言葉は「不思議な」「不気味な」というスラングで、Google翻訳で「異界人」を英語にしたら「Eldritch」になったので、それを採用しました。

動画の仕様上、強力なペットを多数連れ歩くペットゲーになってしまうので、PCが強くなりすぎないよう、神の化身ベースで少し弱めに、それでも失踪しない程度の強さには留まるようにと考えて作りました。

テストプレーはしていないので、どのくらい強いかは分かりませんが、少なくとも前シリーズの種族(妖精)よりは弱いはずです。

そして、某かたつむり観光客で全称号制覇する動画を見ていて思ったのですが、やっぱりElonaは魔法が使えないと不便そうですね。

たぶんメインシナリオ第1部攻略だけなら無魔法がついたままでもリドル寮長たちの力を借りれば難なくクリアできると思うのですが、すくつ100層レベルの敵になると、リドル寮長たちの育成はもちろんのこと、自分もそれなりに戦力になるようなステータスにする必要が出てくると思いました。

そこはもう、遊ぶカスタムワールドによって違うと思うのですが、ほとんどのカスタムワールドも恐らくメインシナリオ第1部クリアを前提に作られているでしょうから、すくつ50層は越えられる強さが欲しいところ。

まあ、最悪カスタムアイテムやカスタムゴッドというチート技を使ってステータス補完やダメージ完全無効装備の入手をしてしまえばいいっちゃーいいんですが、できれば自力で頑張りたいんです。

そういうチートまがいの事をする遊び方は最初こそ無双できて楽しいと思えますが、すぐに飽きてしまいますからね。

ただし、魔法に関してはすくつ50層以上の難易度のネフィアや、そのくらいのレベルのネフィアで出現する敵を攻略することを考えることになるとしんどみが辛いので、あまりに辛い場合はMMAhの機能で無魔法フィートを消し、魔法を解禁します。

そのくらいユル~くやらないと、失踪してしまいますからね。

素材制作へのこだわりは異常だと自負しているので、マゾだと思われても仕方ないと思いますが、私はゲームに対してはそこまでマゾではないのでね……

まーその辺は動画では言い忘れてしまったので、「縛り内容一覧」として、wikiと本ブログの動画特設ページ(まだ作っていない)にまとめておきたいですね。

気が向いたらそのうち作ります。

聖地ガイド

聖地ガイドはカスタムゴッドの聖地などのショウルームに配置される、案内役のNPCです。
彼らは謎の力によって無力化されており、かたつむりよりも非力になっています。

生命力 微々 マナ 微々 速度 微々
筋力 微々 耐久 微々 器用 微々 感覚 微々
習得 微々 意志 微々 魔力 微々 魅力 微々
耐性 なし
スキル なし
フィート なし
部位頭,首,体,背,手*2,指*2,腕,腰,足 (人型)
特殊技能 なし

※ 正確な数値やスポイラーはwikiをご参照ください。


「聖地ガイド」はツイステとは全く関係がない、ショウルーム滞在NPC用の全ステータスが1で何のスキルも持たない種族です。

omakeのショウルームを作るにあたり、始めたばかりのかたつむりでも安全に過ごせる種族が欲しいと思ったので作りました。

カスタム職業

監督生

監督生は寮生を監督する立場にある生徒です。しかし、冒険者としては軟弱です。

筋力 皆無 耐久 皆無 器用 皆無 感覚 皆無
習得 皆無 意志 皆無 魔力 皆無 魅力 最高
速度 皆無
初期装備 なし
スキル なし
フィート[フィート]あなたは仲間を一時的に強く出来る MAX
特殊技能 なし
対応ギルド なし

※ 正確な数値やスポイラーはwikiをご参照ください。


「監督生」は『暴君のイルヴァ旅行記 M』のプレイヤーキャラクター(監督生)用の職業です。

魅力が異常に高いのは、ペットを6体(グリム・リドル・トレイ・ケイト・アズール+護衛対象)連れ歩くには魅力が25以上必要だからです。

※ 連れ歩けるペットの数は(プレイヤーの魅力/5)+1匹、上限15匹まで。

原作を考えると監督生は何の能力も持たない一般人のようですし、ただでさえ強いペットを複数連れ歩くペットゲーなのに、本体を強くしたらヌルゲーになってしまうので、あえて弱くしました。

それでも、ペットが強いので多分ヌルゲーになってしまうと思います。かなしいかな。

でもそういう動画だからこれ!!!

wiki・ダウンロードリンク

さいごに、今回の進捗報告で紹介した素材の、作者wikiのページを貼っておきます。

今回紹介したカスタム種族・カスタム職業はomakeのカスタムNPC・カスタムゴッドにも同梱する予定です。

カスタムNPC(カスタムゴッドに付属するものも含む)を導入すると自動的にそのNPCのカスタム種族・カスタム職業が追加されるので、急を要する場合でなければそちらをお待ちいただくのもアリかと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事